読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺったんテープ

最近amazarashi の曲の話ばっかなブログ

ポケモンGO

あけましておめでとうございます。
年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。

わたしは…ポケモンGO出戻りしてました
昨年の社会現象にまでなったブームから早5ヶ月近く…
猫も杓子もポケモンGOがリリースされたと聞いてダウンロードしましたが
すぐに飽き、えっまだやってるの?とか思ってるタイプでしたわたしも。

12月にサンタピカチュウが出る!という情報を聞いて、久しぶりにポケモンGOを起動してサンタピカチュウをゲット。
リリースから飽きずにプレイしていた母親のレベルを何の気なしに聴いたらかなりやり込んでました…
(年末帰省した時既にトゲピームチュール持ってて羨ましかった…)

悔しかったので年末に帰るまでにわたしもひたすらレベル上げ。ログボの類が好きなので1日1回はポケストップを回しポケモンを捕まえてました。

実家は車がないと生活できないようなところでして
出かけるついでにポケモンGO。車乗りながらもポケモンGO。初詣でもポケモンGO
田舎はポケストップが少ないからボールが枯渇するといいますが、効率よくゲットできる穴場やルートを把握してるものですね。
モンスターボール取りに行こう!と言われて1時間くらいうろうろ…感心しました…

しまいにはレベル3で止まってた父親まで引っ張り出してみんなでポケモンGO
ゲットしたポケモンがなにに進化するのか娘が教え、ジム戦の戦い方やコツを母が教え…
母親が年末も仕事だったため、父親と出かけた際にゲットしたポケモンの話しを母親にし…
小学生みたいな会話ですが、出かけるきっかけやコミュニケーションのネタになっているなとつくづく感じました。

親元を離れているので、結婚は?仕事は?などの話題を聞かれることが多かったですが、そういう話の逃げ道になりそうです…笑


わたしがポケモンGOを最初にやらなくなったのは、他のソシャゲをやる時間がなくなるからでしたが
ポケモンGOプラスをポチったので片手間でポケモンGOやりつついつものソシャゲもできそうです。

飽きたら母親にあげよ。

とりあえず母のレベルに追いつくことが目標です。




おまけ。はじめて金銀のポケモンゲットしました!

恋と宗教とクリスマス

今日ルミネに行ったらジュエリー売り場のカップル率に驚きましたこんばんは。
人多すぎてゆっくり選べないからみんな事前に買っておけばいいのに…
ちなみにわたしは11月にクリスマスデートしてクリスマスは引きこもるかクリスマスっぽくない事をして人混みを避けたい派です。

クリスマスいかがお過ごしでしょうか。
わたしは昨日、教会でキャンドルサービスというものに参加してきました。

教会で聖書を読んだり聖歌を歌ったりする会です。
というのも、わたしの恋人がキリスト教でして。
義母の勧めもあり、一度教会においで、クリスマスなら参加しやすいんじゃない?とのことで、右も左もわからず参加してきました。

彼がキリスト教というのはお付き合いする時から聞いていましたが、聞くのと見るのはやはり違いますね…。
「お互い理解し合うのは無理だな」と思いました。
わたしは特に信仰は意識していない、クリスマスも祝うし神社に初詣に行く、いわゆる「無宗教」と自称する一般の家庭に育ちました。
彼はキリスト教家族なので、義母のお腹の中にいる時から牧師先生がお祈りしてくれていたそうです。今まで当たり前のように日曜は教会に行ったり教会の行事にも参加してたそうです。
宗教への関わり方がそもそも違っていたというのもありますが、彼から聖書の内容など聞いても、信仰というか学問として捉えてしまうという自分がいます。
根本的に自分の信仰があって、それ以外にもこういう考え方もあるのか、とキリスト教を受け入れている自分を改めて感じました。

信仰は生まれた時から培ったものを持っていると思うので、彼に仏教はじめ他の宗教の話をしても、おそらくわたしと同じように学問として捉えると思います。
お互いの信仰を知ることはできるが、今までの信仰もある。理解し合えたら世界で戦争なんて起こってないよな…と思います。
幸いにも彼はその事を話したら理解してくれていましたし、入信を強要したりもないので結婚後は別の宗教のまま生活して行くことになると思います。

彼には死後に同じ世界に行くには同じ宗教を信じていないといけないと言った考えがあるようなので、ずっと一緒に居られる!と結婚を楽しみにしている彼にとってはわたしが同じ宗教ではない事は悲しい事なのかもしれませんが…
ただ、結婚する際に主人がキリスト教なのでわたしもキリスト教信仰します〜というのも違うと思うので、わたしが入信したいと思う日が来たらその時には彼にちゃんと話をしたいと思います。


上記の点は2人の問題で話し合えばいいと思うのですが、キリスト教は毎週教会に行く事で家族ぐるみのお付き合いがあるという事を改めて実感しました。
会が終わった後、教会に来ていた彼の幼馴染からその家族まで紹介されるという…

わたしが仏教に関わる時って葬式や法事の時にお付き合いのあるお坊さんに来てもらって(檀家ってやつですか?)、お経を唱えてもらう、その時には自分の家族と親戚しかいません。
宗教を絡めた他家族とのコミュニティが生成されているということが正直異様というか、違うなと思いました。
でもこれは彼にとっては当たり前のことなんですよね。
わたし自身とキリスト教との関わり方は自分で決められますが、家族も絡んでくるとそうもいっていられないのかもしれない…と不安がありますね。
彼だけが教会に通うことが許されるのか、信仰はしていないがたまにわたしも行って良いのか…子供ができたらどうなるのか…不安はたくさんありますが「好きになっちゃったから仕方ないよね」なので彼と話し合いつつやっていくしかないですね。

不安は多いですが宗教が違う事を壁とは思っていないし、彼が素直で家族や恋人を大切に思うことができるのは彼の両親がいてこそだし、その中には彼がキリスト教だからということも含まれると思います。
彼がキリスト教じゃなかったらとんでもない男になっていたかもしれません笑

宗教が違う以上、お互いの信仰を知ることができても理解し合えるとは思っていません。
無理に理解し合おうとすると家庭内戦争が起こると思っています。
ながくなりましたが、まずは彼の信仰を知るところから始めたいと思います。

生きるのが下手

自分は生きるのが下手だとずっと思ってました。
自分のメリットの為に好きでもない人と仲良くしたり、自分がよく見られる為に人を思ってもないのにおだてたり、できなくて
立ち回りが下手で生きるのが下手だなーと思ってました。

今日事情があって自分に都合の悪いことも含めて上司に説明しなきゃいけないことがありまして。
上記の通り生きるのが下手なのに加えて嘘がつけないので、全部正直に話しました。

そしたら「お前は真面目だな」と言われた
ああ、よく言えば真面目ってことなのか…。
真面目というか、自分に正直というか…
実態はまじめ系クズだけど、根が真面目ってやつ?

よく言えば素直だし、
悪く言えば自分の気持ちに従う気分屋だし
自分の嫌いなところも人から見れば
よく見られることもあるんだなーと思いました。

自分を変えるのもなかなか難しいし
勝手に卑下してるのももったいないなーと思った今日でした。

禁酒。もといネガ禁

飲み会シーズンですが最近、あんまり1人でお酒飲まないようにしています。

休みの日の昼間から飲むと眠くなって起きたら夕方とか多いし、食べた分だけ太るし…
太った分戻らなくなって来たし…
なにより、飲んだ後最近死にたさが襲ってくる…

楽しい飲み会の後も、1人になってから
ああなんて自分はコミュ障なんだ、とかあの人は若いのにすごいなあとか、人と比べて落ち込んで死にたくなる。
年齢的に結婚式にまた行ったみたいな話も多いのですが、わたしには呼んでくれる人も呼ぶ人もいない…と死にたくなる。
そもそも年賀状のやり取りもしていない。

人との距離感を掴めないというか、友達と遊べないタイプというのか、
昔から特定の親友などいなくて、学校を卒業したら連絡をほとんど取らないってことが多かったと思います。
自分は広く浅い付き合いのタイプかと思ってたけど、それは今思うと友達でもなんでもなかったのかなあ…とまた落ち込みます。

まあ、今から連絡取ったところでおそらく地元の友人はとっくに結婚してる人も多いから、自分と比べてまた死にたくなるのが予想できますが。
歳を重ねるごとにしにたいしにたい言うようになってきて、年々つまらない人間になってると思う。
明るくて元気な性格に今更なれるとは思ってないけど、もう少しプラス思考になれるように頑張りたい。

というわけで最近仕事の飲み会以外でお酒飲まないようにしてます。
帰省するまでプチ禁酒です。
ポケモン買ったからお酒飲まないでポケモンやるぞ!

しにたみ

来年からの新生活に向けてひとつひとつやることをこなしております。
まだゴールが見えません…笑

最近ふと思うのは社会人になってからずっと死にたいって思ってたのは明るい未来が見えなかったからかなーと思います。
毎日好きでもない仕事の繰り返しで、生活のほとんどが仕事で、睡眠も食事時間も削られて、この生活はいつまで続くんだろう…日曜日の憂鬱や安心して眠れない平日の夜が辛くて仕方ない…と虚無感ばかり感じてました。
生きるために仕事してるのか仕事するために生きてるのかわからない。
自分の中での大きな目標がなく、ただなんとなく生きていたから辛かったのかな、と思います。

だから新しい生活に向かって色々動いている今、人生の中で明確な目標ができた感じで、以前より病むことがなくなったなって思います。
本当はそういうものを趣味や自分の理想で補えればいいんでしょうけど…

明確な生き方も考えないで死にたいの一言で思考停止していたのかなと思います(本当に死にたかった訳ではないけど…)


今は休みの日も忙しくてそういうことを思う暇がないのかもしれないけど…
もしかしたら新しい生活に向かうってことで人生が仕事だけじゃなくなるから、余裕ができて死にたいと思わなくなったのかもしれないけど…
新しい生活、といってもここで人生終わりじゃなくて次のステップに進んでまた生きていくだけなので
辛いことはいっぱいあるだろうけど、いまより少しでも楽しい生活ができるといいなあ

手編み

土日はぼっち充してました。
久しぶりになんとなーく過ごして終わる休みじゃなかった。
何かした。


突然の!!

編み目がガタガタで人様に見せられるものではないのですが….
たわし…いいえマフラーです(一応)。

幼い頃は編み物に興味があり
棒編みは私には難しかったのでかぎ針でたわしを編みまくったりしてたのですが
今になって何かチャレンジしてみたいなーと思い、棒編みでマフラー編んでみることにしました。
…ていうのは去年の話。去年一回挫折してまして、寒くなってきたので毛糸を引っ張り出してきました。

というわけで土日はひたすら編み物。
字面だけ見ると女子力高い。

編み終わる頃には多少編み目もマシになってるでしょうか…次はスヌードを作ってみたいななんて思っております(気がはやい)。

そして3年くらい前にフェリシモで買って完成していないレース編みのキットもあるので
それも完成させたい…

最終目標は妊娠した時に赤ちゃん用に靴下を作る、です笑


というわけで土日はやることがあり
なんとなく過ぎるということがなかった今週。
趣味って素晴らしいですね…編み物、趣味にできたらいいなあ。

お陰様で積ん読が消化できなかった今週。
引きこもってやりたいことがありすぎる…。

手帳がいっぱい


来年の手帳です。

今年の手帳はEDiTのB7とB6サイズ2冊使いでした。
B7が日記(プライベート)でB6は仕事用です。
それに加えて書ききれない時に使う日記と、読書感想文ノートを使ってました。

EDiTはお気に入りなので、来年も仕事とプライベート用で継続で使うつもりで2冊購入。
読書感想文ノートと追記用日記は来年も継続で使うつもりです(まだまだページがあるので…)

これで事足りてるのについつい…
ミスドスヌーピーの手帳を買ってしまい…
ついでにカキモリで作ってきたノートもあり…
来年の手帳が余りそうという…。
何かいい使い分けはないか考え中です。

ライフログを分けるとかかなあ。
手帳複数使いの方はどう使い分けているんでしょうかね?