ぺったんテープ

最近amazarashi の曲の話ばっかなブログ

辛いものをやめたい

わたしのストレス解消の方法として、「辛いものを食べる」というものがあります。

 

小さい頃から辛いものが好きで、よくカラムーチョを食べていました。

大学生の時に辛いカップ麺にハマって、実際にお店に食べにいったりもしてました。たまに。

学生時代は健康的な辛いものライフを送れていたと思います。

それが変わったのは社会人になってから、1年目。

毎日日付が変わる前に帰宅、家に帰って1時間もしないで床に就く生活をしていました。

田舎に住んでいたので、日付が変わる前に帰ってきてもやっているお店はコンビニのみ。

今思えば1週間分の食料を休みの日に買っていればよかったんでしょうけど、当時は家の隣のコンビニで毎日のように「蒙古タンメン」を買って食べていました。

 

 だんだんと仕事に慣れてきて、また会社の近くに引っ越して早い時間に帰宅できるようになり、ここで毎日蒙古タンメン生活は終わりました。

再び辛いものを食べるようになったのは、1年くらい前から。

またまた仕事が遅くまで続くようになり、ラーメン屋を見つけると辛いつけ麺を食べるようになり、いつのまにか中本に通うようになっていました。

始めは蒙古タンメンから、余裕になってきたら五目味噌タンメン、味噌卵麺、北極とだんだんエスカレートしていき、いつのまにか週1で中本に通うようになっていました。

ストレスがたまると、辛いものが食べたくなるんです。

辛いもの食べると汗をかくこと、間食した達成感がストレス解消になっているんだと思います。

辛さに慣れてくるとそれよりも辛いものが食べたくなります。カラムーチョじゃ物足りなくなってくる。

そしてどんどん辛いさもエスカレートしてくる。

週1で北極を食べていたある日、唇がすごく荒れました。

食べ物を食べると痛い。ていうか笑うと唇が痛い。常に辛いものを食べたときのようにひりひりする。

これじゃキスもできないのでここでいったん辛いもの生活は強制終了しました。

 

しかし、唇の荒れも治ってきたらふたたび食べたくなる北極。

あのおいしさと辛さが物足りなくなってきて、再び中本通いが始まります。

おいしい辛い食べ物は罪な食べ物だ・・・最近は定食か蒙古丼もよく食べます。

 

レディースセットを週1で食べるようになり、また再び唇が荒れ始めました。

今度は口周りに吹き出物も。尋常じゃないくらい荒れて、これは辛いものを食べている場合じゃない・・・と再び辛いもの生活は強制終了。

3日でリップクリームがなくなるくらい常にリップを塗りたくっていたらなんとか唇はなおりましたが、吹き出物がなおらない。

これが加齢なのだろうか。

 

いつのまにかそんなことも気にせず再び中本に通う日々が続いています。

店内に入ると立ち込めるスープの匂いがとてもいい。といつも思います。

おそらく辛いもので荒れるのは、辛いものだけではなく、日常のストレスや偏った食生活、睡眠不足も原因なんだと思います。

 

辛いものは怖い。どんどん辛さがエスカレートしていくし、何にでも唐辛子をかけないと物足りなくなってきます。

どんどん頭のおかしい人になっていっている感じがします(頭じゃなくて舌か)。

最近はマイ唐辛子パウダーを手に入れてしまいました。

しかし、ストレス解消にはなりますが、また確実に肌と消化器官にダメージを食らうとなると、いつまでもこの生活はよろしくない、と思います。

 

中本に行ってみたい!と思っているかたは気を付けたほうがいいですよ。わたしのようにおいしくて通わずにはいられなくなりますから。

 

今後は、蒙古タンメン程度まで辛さを落として、頻度も月1くらいにできたらと思います。

健康的な辛いものライフを目指して。