読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺったんテープ

最近amazarashi の曲の話ばっかなブログ

グリモア〜私立グリモワール魔法学園〜

ブログを書こうかと思った理由の一つに「読書感想文を書いて読書のモチベーションをあげる」があったのですが
ようやくかける…!!

ようやく読みました。
大好きな大好きなゲームが本になる!とすごく嬉しく、約12年ぶりにラノベを読みました。


感想。あれ一冊だけならゲームと同じテーマの別の話と考えたほうがいいなと思った。

ある日魔法使いに覚醒した転校生は、魔法使いとしての教育を受けるため、私立グリモワール魔法学園に転校してくる…
その学校の男女比は2:8…
うっひょー!(兎の助ボイス)
と言った感じですね。学園ハーレムもの的要素が強かった。
アプリの方も学園ハーレムものかと思いきや実は…と段々ダークな話になってきて引き込まれてくんですけどね。
ゲームはメインミッションが大きなあらすじで、キャラを愛でるのはキャラのカードとかコミュイベのストーリーにあるんですよね。
キャラカードもコミュイベのストーリーもロクにみないでメインミッションばっかり追いかけてる自分には
下心満載転校生はちょっと抵抗がありましたね…
あと女の子頬を赤らめすぎ

でもキャラクターの魅力は十分に伝わってくる内容でした!
ツクのツンデレ具合がとても可愛かった。
あと推しの虎千代がとてもかっこよかった。

また、ゲームの方では転校生がきてから学園生で死者は1人も出ていない、と兎の助が言っていたのですが
ラノベの方では1人死者が出たことになってたので
ゲームとラノベは別!ということに私の中ではなってます。

最後に伏線を引いて終わったので、続編も出るのかな〜


また、ビジュアルブックの方

これはかなりおすすめです。
60人を超えるキャラクターだけでなく
今までのカードが掲載され
今までのイベントが時系列順で掲載され
背景やミニモアも載っているという。
ファンにはたまらない武器です(かなり重い
本気で1日中読んでいられますよ。
ちなみにイベントの報酬がどんなカードだったかも載ってます。
本当に良かった。

過疎ゲーだと思ってましたが色々発売したり色々コラボしてるってことは人気があるんですかね
今後も楽しみです!