ぺったんテープ

最近amazarashi の曲の話ばっかなブログ

今更婚って…?

婚約指輪はいらない、結婚式はやらない。いわゆる無しコンが最近多いなんて話をよく聞きます。

自分の友人も結婚式はやらない人が多かったのですが、

友人の結婚式を見て「やっぱり結婚式をしたい」と思ったり、式をしたかったけど妊娠が発覚してできなかった人が結婚から数年経って結婚式をすることがあります。

「今更婚」なんて言うみたいです。

 

こう言う結婚式って、参列者側はどういうスタンスで望むべきなんでしょうか…?

入籍の時点で式が1年後、などと決まっていて自分もそれをわかっていれば話は別ですが…

 

わたしも結婚式はなくてもいいやと思ってました。

でも、親族や地元の友人には自分の旦那になる人を紹介したことがなかったので、自分の旦那になる人を紹介するいい機会になりました。

主人とお互いの祖父母に会ったりする機会も多いので、式でお互いを紹介できてよかったなと思います。

結婚し数年後の式では親族や友人へのお披露目の意味はほぼないのかなと思います。

 

また、神様やゲストの前で永遠の愛を誓うのも結婚して数年経ってて今更!?ですよね。

もはや新郎新婦ではないし、新しい門出でもないし…

 

良い友人が式をするのであれば、勿論喜んで行きます。

実際にもやもやしながら参加しましたが、とてもいい式でした。

 

いろんな理由で入籍から式までに時間が空いてしまう場合もあると思うし、カップルごとにどんな結婚式があってもいいと思います。

でも、なにを祝いに行くんだ…?結婚式できておめでとうってこと…?

結婚式なんだからなんだっていいじゃん!ってのは違うと思うし…ちゃんとお祝いしに行きたいし。

 

色々考えてて、わたしにとって自分の結婚式は、お披露目という意味合いが強かったんだなーと改めて思いました。

今更婚をされる方も、何か目的や理由があって結婚式をしてるはずです。

そこを明確にしてくれるとゲストも参加しやすいな…と思いました。

屁理屈ばかりのわたしだけかもしれませんが…。