ぺったんテープ

最近amazarashi の曲の話ばっかなブログ

オルゴールみたいなジャズは この町に似合うことを自覚してるから 鳴るべくして鳴っているのだ

タイトルはamazarashiの「水槽」の歌詞です

 

最近、自分が思ってた意味と違う言葉だなーと思うことがあります。

 なるようになるさ っていう言葉です。

今までは、今が大変でもまあなんとかなるさ。うまくいくさ。っていった意味合いだと思っていました。

今は、気楽に行こうぜ的なニュアンスではなく、なるようにしたからそうなるといった意味なのかなと思うようになってきました。

 

先日友人と食事をした際に、お互いの結婚生活の話になりました。

私は親と別居で、主人と二人暮らし。自由な時間はあるけどお金がないです。

友人は親と同居で子供もいます。自由はないけどお金はゆとりがあるようです。

お金がない・・と嘆いていましたが、それは自分が親と同居でなく主人との自由な生活を選んだから、なるべくして今の生活になったんだなと改めて思いました。

なるようになるというのは、なるべくしてなったということなのかなと。

 

自分の生活が今こうなのは、自分がそうなるように選んできたから。

仕事とか生活に不満があって愚痴をこぼしても、それは自分の選んだ道だし、不満があればその道を選んだ代償なのかなと思うとなんだか自分の選択に文句を言っているみたいでばからしくなってきますね。

 

また、そうなるまでのたくさんの選択があって今の生活があり、それが続いて自分の人生になっていくのかなと。

 

なるべくしてなるものも、なるようにしないとならない。

将来の理想や目標を常に持ち続けていないといけないなと思いまして

改めて自分のライフプランやビジョンを描かないとだめだな・・・と思いました。