ぺったんテープ

最近amazarashi の曲の話ばっかなブログ

わたしが思う 幸せ

わたしは、幸せな人って、どんな環境に居てもどんな現状でも

「自分は幸せだな」って思える人だと思います。

 

前職では、プライベートな時間はほとんどなくて、仕事して家に帰って寝るだけの生活でした。

でも、今思うとプライベートなこと含めなんでも相談できる先輩もいたし、職場の人たちにとても可愛がっていただいてたと思います。

転職して、あらためて人間関係恵まれていたなと思います。それがどれだけ恵まれていたかは前職を辞めてから気づきました。

 

でも今仕事を辞めなければよかったとは思ってません。

自分が働きたい職場の条件を挙げて、その条件に合う職場を探して転職したので。

自分があげた条件以外で不満に思うところはありますが、それを言っていたらきりがないし。

 

自分が理想の完璧な職場なんてない。

前職は大変でつらかったけどいいところもあった。

今の仕事も自分が選んだ条件で働けているけど大変なこともある。

本でよく「コップに水が半分入っていることを、もう半分しかないかまだ半分あると思うか」なんていいますが、なんでも考え方次第なんだなと思います。

 

結婚して幸せになりたい!なんてのもよく聞きますが

そりゃ結婚して旦那と一緒に住むようになって幸せは幸せですが、結婚する前も一緒にいて普通に幸せだったし、結婚したから幸せになったわけではないです。

だから、幸せになりたいって言って言葉に違和感を覚えます。

幸せはなるものじゃなくて気づくもの。

結婚というきっかけがあってあらためて幸せ!と思うこともあるかもしれませんが、かといってプロポーズされる前は幸せじゃなかったわけではないし。

幸せって、その辺に転がってる些細なものたちの集まりだと思うんです。

みんな普遍的で大きなかたまりだと思うから、幸せを掴みたいとか幸せになりたいとか思うんだろうなと。

だから、どんな小さなことでも幸せだなって気づける人が幸せな人だと思います。

 

 

旦那がわりと小さいことにでも「幸せ〜」というタイプなので、幸せ体質(?)の人なのかなと思います。

旦那が幸せというと、今幸せなのか!と気付かされるのでわたしもだいぶ幸せ探しが上手くなってきたと思います笑

それも幸せなことですし、わたしも些細なことに積極的に「幸せ〜」と言っていきたいと思います。